Return to site

落ちたら割れるハンプティ・ダンプティ

ハンプティ・ダンプティ/Humpty Dumpty

· 創作過程

『鏡の国のアリス』からハンプティ・ダンプティを折りました。

元をたどればマザー・グースになりますが、気になるキャラクターの一つなので着手。

まるまるした体が印象的だったので、360度どこからみても丸みのある事を目標にしました。

初めは一枚で折ろうと試したのですが、ぺったんこなハンプティ・ダンプティで残念な結果に。ここで体と卵を分ける事を決め、体から出来上がりました。

体はまず指から紙を確保。

基本、指の出し方を蛇腹で折るという頭しかないので、とりあえず紙の端から蛇腹しました。余った部分で脚を出せればいいかなくらいで折ってると、ジャケットの襟が出来てラッキーな流れ。

そして展開図(CP置き場にあります)を畳み終わった状態からのお尻と腕ロックの流れ。

お尻が出来たことで座れるようになりました。

腕はがばがばなのどうしようか悩んでいて、中に紙を折り込んだ(押し込んだ?)ら綺麗にロックしてくれたのがすごく嬉しくて、独りで「おぉ~」とテンション上がった部分です。

後はここに卵を挿し込めばいいので、体の形に合わせて底が四角になるようにすればいいかなくらいで簡単に折れるようなものを考えました。卵の折り方は単純なのですが、頭がとんがってしまうのが最後の悩みどころで沈めてへこましてみたり色々試しましたが、最後にしっくりきたのがこちら。

私にとっては難しい沈め折りが最後に発生することになってしまいましたが、これをしないと頭の角度が急すぎて卵感薄かったので。

創作が出来たら、

①工程を忘れないように写真を撮る。

②できればそれを折り図のようにまとめる。

③展開図を描く。

④ブログを書く。

と心に決めていたのですが、正直折ってる時が一番楽しいので早く次のものが折りたくて、とりあえず①だけやっておいて②~④が後回しもしくはやっていない現状。

時間をうまく使いたいものです…(という更新が遅い言い訳)

「ハンプティ・ダンプティ/Humpty Dumpty」2017年1月創作

2枚複合/Use two sheet

体 / Body

Paper size : 24×24cm

Finished Size : 8cm

不切正方形一枚折り/One sheet square, not cutting

頭 / Head

Paper size : 14.5×14.5cm

Finished Size : 6cm

不切正方形一枚折り/One sheet square, not cutting

書いてたら、蝶ネクタイ付けてあげたくなってきた…(という蝶の更新が遅れる言い訳)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly