Return to site

花とミツバチ

花/Flower

ミツバチ/Honey Bee

· 創作過程

ハチは仕事で使いたかったので創ってみました。

貞子たん創作と同じ理由、イベント宣伝部隊です。

私は虫が苦手なので虫の形に詳しくありません。

私の中でハチと言えば、黄色と黒、羽がある、シュッとしたスズメバチとコロンとしたミツバチ位のイメージでした。ハチにも色々な種類がいるしな、、、と。

ミツバチって体に毛?みたいなのが生えて、モハモハしてなかったっけ?と浮かぶとそのモハモハを折りたくてしかたがなくなってきたので、創作はミツバチに決定。

モハモハは蛇腹で再現すると決めていたので、とりあえず16等分で折り始める。

いつも蛇腹は16で試作し、足りなければ32等分で試作します。今回は16ではモハモハ具合が足りなかったので、32等分となりました。

モハモハ部分だけは初めから折り方を決めていたので、余った紙の部分で頭、お尻、脚、羽を折らなければなりません。写真の真ん中がモハモハ、上下を羽にして、左右を頭とお尻にしよう!と決める。

…脚は?

…あ...し、…なかった事にしよう。

ミツバチ脚長いイメージないし。と自分に言い聞かせ続行。

インサイドアウトの予定はなかったのですが、この形ならいけると思ったのでやってみました。

結果出来上がったのを見て、これは、、、

クマンバチ。。。

いや、ミツバチ。これはミツバチだ。(自己洗脳タイム)

コロンっていうより、ででーんとしててミツバチの小さな可愛さがないというか。

折った紙が大きいからかな?とかなんとか言い聞かせミツバチ完成。

お次は、花。

先日コンタクトを買いに眼科に行ったのですが、いつもの検査以外の事もしなくてはいけなくなり長時間待合室にいたため出来たものです。(折り紙はいつでもバックの中に☆)

手持ちが15cm折り紙なので、何を折ろうというでもなくカエルの基本形を折り始める。

最初は生き物を折ろうと思ってたような気がしますが、ごそごそしてたら花になってました。

そこで薔薇をめざしたのですが、花の中心がうまくまとまらなかったので、中心をめしべ的なものに変更。どうせならインサイドアウトしておこうとなりました。

(インサイドアウト大好きですね、私。)

こんな感じで花の巻きを止めてます。

折り返し部分が浅いのでホールド力がちょっと弱い気もしますが、とりあえず糊なしでも保ってくれるのでよしとしました。

造花用ワイヤー通して、以前折った「葉っぱ」を付けてみようとも思ってます。

ディスプレイしたい花器を見かけたのだけど、やたら大きくてちょっと買うか迷ってます。

ガラス製の蓋がついてる50cm位の高さなのですが、、、うーーーん。

【2016.07.19追記】

ガクも創って造花用ワイヤーとグリーンテープを使って仕上げてみました。

葉っぱとガクは両面同色使わないといけません。(教育折り紙で素折りの図)

ついでにミツバチも自分で染めた紙×カラペで折り直しました。

12×12cmで折って4cm位の出来上がり。

(ミツバチ収納箱が気持ち悪いことに…なってる)

仕上げ剤(アクリルエマルジョン)をミツバチに塗ってみたら、下のカラペが透けてきてしまいました。

いっそ塗らないか、テカテカ質感欲しいのでカラペ表の部分だけ塗ろうかなと考えてます。

そして、ワイヤー作業が楽しすぎました。

ウネウネ曲線好き魂に火が付いたので、お花のシャンデリア制作に取りかかります。

「ミツバチ/Honey Bee」2016年6月創作

黒和紙 × 黄カラペ

Paper size : 22×22cm

Finished Size : 6cm

不切正方形一枚折り/One sheet square, not cutting

「花/Flower」2016年6月創作

両面別色付き和紙

Paper size : 20×20cm

Finished Size : 5cm(一番小さいの)

不切正方形一枚折り/One sheet square, not cutting

「ツタ/Ivy」2016年1月創作 ※「茨」のバリエーション

カラペ

Paper size : 7.5×60cm

Finished Size : 18cm

不切長方形一枚折り/One sheet rectangle, not cutting

【おまけ:いつものこと、いつものこと】

職場で休憩中折っていたら「それなんの花ですか?」と聞かれ、

私「... ... ...花、ただの花。」

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly